顔がほってったり、ぱーっと汗がでたりしたら~残暑のせいだけではないかもしれません

残暑のなかにも、ようやく朝晩涼しい日がみられるようになってまいりました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。博多区吉塚の福嶋クリニックです。
閉経までの数年の間は、排卵がうまくおこらなくなったりして、周期が不順になり突然出血して困ったりすることがあります。また、女性ホルモンが減少することで、いわゆる更年期症状でおこまりになる方もおられます。更年期症状は多彩です。代表的なものは、めまい・ふらつき・耳鳴り、体がだるい(倦怠感)・疲れやすい、体がむくむ、頭痛や頭が重い感じ、冷えやのぼせ、ほてり(顔が急に赤くなり熱く感じる)、肩こり、腰痛、手足のしびれや違和感に加えて、精神的にもイライラや意欲減退などもみられるかたがおられます。
症状が強く生活に差し支えるときは、治療を行うことで。症状を緩和し、生活の障害をとりのぞくことができる場合もあります。のぼせやバーッと汗がでるなどの症状は比較的女性ホルモン(エストロゲン)の欠乏に関連することが多く、ホルモンを補充するような治療をお勧めする場合があります。ホルモンの補充は一般的には、閉経直後を中心とした症状の強い時期に行います。ホルモン補充以外にも漢方薬の使用など、症状をやわらげるような治療もあります。
また閉経(生理がおわること)の数年前からは、生理が不規則になったり、生理の量が多くなったり少なくなったりと変化がおこることもあります。生理不順と思っていても、このような不正出血の陰には「がん」が隠れていたりすることもありますので、注意が必要です。pixta_22846506_s
当院では、子宮がん検診、加齢に伴う生理不順や更年期症状などについても相談もおこなっています。お気軽にご相談ください。

7-8月のメッセージ 子宮がん検診を受けましょう

博多区吉塚の福嶋クリニックです。

乳がん検診を受診されている方が増えているそうです。ワイドショーなどでご覧になって、心配になられた方も多いのではないでしょうか。乳がん検診はもちろんですが、子宮がん検診は受けておられますか?子宮頚がんは、検診でみつかる確率が高くまた早期にみつかればみつかるほど、お体に負担をかけずに治療することが可能で、検診の有効性が高い病気として知られています。是非これを機にお受けになられることをお勧めします。また閉経後で不正出血がある場合などは子宮体癌の検査が必要なこともあります。

子宮頸がん、子宮体がんの検査は当院で可能です。なお、福岡市は子宮がん検診に助成を行っており、当院でも助成が利用できます。また当院内科では特定健診(よかドック)、よかドック30、無料肝炎ウイルス検査・大腸がん検診・前立腺がん検診などの各種検診も行っていますので、どうぞご利用ください。

子宮がん